ネットショップ管理の基本を知ろう

そもそもネットショップとは何なのか?

ネットショップ管理の基本を知るためには、まずはじめにネットショップの定義を押さえておく必要があります。ネットショップとはECサイトと呼ばれることもある、インターネット上のお店を意味しています。サイト上に商品やサービス内容を明記し、お客様が申込を行ったり、購入したりすることで、利益が発生します。つまり、街中にあるリアルなお店を、インターネット上に設けているわけです。実店舗と比べてお店の運営費が著しく安くなるので、メリットは非常に大きいと言えます。なお、ネットショップは自社サイト型とECモール型の2つに大別できます。前者は自社がゼロから作り上げるネットショップを意味しており、後者は大手IT企業が運営しているショッピングモール上で、新たにお店を出す形式を意味しています。

ネットショップ運営の業務内容について

ネットショップを運営するためには、商品管理や売上管理、サポート業務、サイト管理など様々な業務をこなさなければなりません。まず商品管理についてですが、これは商品の仕入れや在庫の管理、商品の発送、データ管理など、商品がお客様の手に渡るまでの一連の業務を意味しています。売れ行きの良い商品は適切に仕入れなければ、在庫切れになります。過不足を可能な限り無くすことが、商品管理の大切なポイントです。一方サポート業務では、お客様からの問い合わせやクレームに対応しなければなりません。メールや電話を通して様々な問い合わせが入るため、商品に関しての知識も必要となります。売上に直結する場面も多いため、営業力も必要だと言えるでしょう。

© Copyright Online Stores Management. All Rights Reserved.